So-net無料ブログ作成
検索選択

BSシネマ 映画 西部開拓史(1962米) [日記(2012)]

西部開拓史 特別版 [DVD]
 開拓民として西部に移り住んだプレスコット家三代にわたる物語で、筏での川下りあり、インディアン(先住民)の攻撃あり、幌馬車隊ありで、これぞ西部劇みたいな映画です。全体は5話からなるオムニバスの構成を取り、長女イヴ(キャロル・ベイカー)、次女リリー(デビー・レイノルズ)、イブの息子ゼブ(ジョージ・ペパード)によって50年にわたる西部開拓の歴史が描かれます。
  
  
 
 
第1話:筏で川下り(第1世代)
PDVD_002.jpg
 ブレスコット家の長女イブと猟師ライナス(ジェームズ・スチュアート)にお出会いが描かれます。見せ場は筏による川下り。急流で筏が転覆しの父母が亡くなり、ふたりの遺志を継いでイブとライナスは開拓農民となって西部に根を下ろします。
 
第2話:インディアンとの戦い(第2世代) 
PDVD_003.jpg
 次女リリーと賭博師クリーヴ(グレゴリー・ペック)の物語。金鉱を目指す幌馬車隊とインディアンの戦いがエピソードの中核です。リリーとクリーブは結ばれ、ふたりはカリフォルニアを目指します。
 
第3話:南北戦争(第2世代、第3世代)
PDVD_007.jpg
 イヴとライナスの息子セブ(ジョージ・ペパード)を通じて南北戦争が描かれます。実際には登場しませんがライナスも戦死し、イヴも夫を失った心労で亡くなります。戦争から戻ったセブもまた、運命の様に西部(カリフォルニア)を目指します。ジョン・ウェインがチラと出ています。
 
第4話:鉄道(第3世代)
PDVD_008.jpg 
 第4話では、西部開拓を支えた大陸横断鉄道が西部にもたらした功罪を描きます。見せ場はバイソンの暴走。鉄道建設に反対するインディアンに誘導されたバイソンの群れが、地響きを立てて鉄道建設現場を破壊するシーンは迫力満点です。鉄道が西部に持ち込んだ問題は、白人とインディアンの対立、ユニオンパシフィック鉄道の社員(リチャード・ウィドマーク)とインディアンとの調整役セブの対立、鉄道vs.野牛の構図として描かれます。
 ヘンリー・フォンダ登場しますが、髭面でちょっと分かりません。
 
第5話:列車強盗(第3世代)
PDVD_000.jpg
 最終章に至って、やっとドンパチのある西部劇を見ることができます。鉄道警備の隊長から保安官となったセブが、列車強盗(イーライ・ウォーラック)から金塊を守る活劇です。馬で列車を追いかける強盗と保安官の銃撃戦、懐かしいの一言です。ストーリーはどうと云うことは無いのですが、「銃の時代は終わった、これからは法律の時代だ」などと云いながら最後はドンパチでケリがつく辺りは「西部劇」です。

 映画としては、西部劇の要素が詰まったこれぞ「西部劇」ですが、要領よく纏められている分、中身は薄いです。本来なら5本の映画を1本に纏めたんですから仕方がありません。

 往年の名優が目白押しですね。 
 
監督:ヘンリー・ハサウェイ ジョン・フォード
出演:キャロル・ベイカー デビー・レイノルズ ジェームズ・スチュアート グレゴリー・ペック ヘンリー・フォンダ ジョージ・ペパード リチャード・ウィドマーク イーライ・ウォーラック 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1