So-net無料ブログ作成
検索選択

kindle本 河出 高橋和己コレクション [日記(2017)]

悲の器 高橋和巳コレクション (河出文庫)
 久々に読んだ『邪宗門』が面白かったので、引き続き高橋和巳です。『悲の器』は古い文庫本を持っているのですが、老眼の進んだ身に細かい活字は辛いので、kindle版を求めました。kindleは、文字ポイントが選べるので老眼にはぴったりです。未だに初代のpaperwhiteですが、読書には支障ありません。何度も挫折した『源氏物語』も『カラマーゾフの兄弟』もkindleのおかげで読破。

 ところがこの『悲の器』は大失敗。文字のポイントを変えようとすると、↓のようになります。当然、辞書もメモも使えません。位置no.も出ない。辛うじてブックマークだけはできます。kindleで読む意味がありません。河出の『高橋和巳コレクション』は全巻この手のファイル?。amazonの投稿を読むと返品された方もいるようです。高橋和巳の小説は長らく絶版となっており近年再版されたようで、そのことは喜ぶべきことなのですが、これでは...。
 返品しようかと思ったのですが、かつて熱心な読者であった高橋和巳に敬意を表して、返品しないことにしました(笑。

 先程アマゾンを覗いてみると

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 

という但し書きが生まれていました。私がダウンロードした時には無かったと思います。kindle本ですからkindleを前提にした商品の筈です。この手の本を販売するのは如何なものでしょう。
 screenshot_2017_02_24T20_10_53+0900.png screenshot_2017_02_01T12_11_02+0900.png

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。