So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 マラヴィータ(2013仏米) [日記(2017)]

マラヴィータ スペシャル・プライス [DVD]
 リュック・ベッソン監督、マーティン・スコセッシ製作総指揮、ロバート・デ・ニーロ主演という、有名所を並べた映画です。トミー・リー・ジョーンズもご出演。リュック・ベッソンは1990年代の監督で最近はパッとしません、マーティン・スコセッシの製作総指揮というのは名前貸しでしょうね。

 期待せずに見たのですが、これが以外と面白い →笑わせてくれます。アメリカ人のフレッド(ロバート・デ・ニーロ)一家がノルマンディーに引っ越してきます。追い追い分かってきますが、フレッドはマフィアの大物で、FBI (トミー・リー・ジョーンズ)に保護(証人保護プログラム)されアメリカからフランスに逃れてきたという設定です。マフィア一家ですからその生き方は過激。フィレッドは修理に来た配管工に腹を立てて瀕死の重症を負わせ、妻(ミシェル・ファイファー)はアメリカ人をバカにしたスーパーマーケットを爆破。娘はチョッカイを出してきた同級生をボコボコにし、息子は学校のナワバリを分析し脅迫と賄賂で小マフィアとなります。この映画の笑わせるとろは、この4人の家族がノルマンディーの住宅街で『隣のマフィア』(原作)として生活する可笑しみ、『ゴッドファーザー』や『グッドフェローズ』でマフィアを演じたロバート・デ・ニーロが主人公だということにあります。

 最後はマフィアの殺し屋が大挙してフレッドを襲い、家族は力を合わせてこれを撃退。オチにもなにもなっていません、それだです。息抜きにちょうどいい映画です。
 
監督:リュック・ベッソン
製作総指揮:マーティン・スコセッシ
出演:ロバート・デ・ニーロ トミー・リー・ジョーンズ ミシェル・ファイファー

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。