So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 許されざる者(2013日) [日記(2016)]

許されざる者 [DVD]許されざる者 [DVD]
【リメイク】
 クリント・イーストウッドの同名映画(1992)のリメイクです。リメイクというと大抵オリジナルより劣るわけですが、舞台を明治初年の北海道に設定し、長州、薩摩、幕臣を持ってくると、また異なった趣があります。
 北海道の原野で隠れるように暮らす元幕軍の十兵衛が、懸賞金のために人を殺し、警察所長を殺して仲間の仇を打つと云うストーリーはオリジナル通りです。同僚を傷つけられた娼婦が懸賞金を出すという設定も、オリジナルと同じです。明治維新、幕軍残党、アイヌという辺りがリメイクの特徴です。

【朝敵】
 クリント・イーストウッドが演じた元ギャングの主人公マニーは、幕軍残党狩りで新政府軍と苛烈な戦いを演じた十兵衛に翻案されます。戦いで女子供まで殺した冷酷な十兵衛も、亡くなったアイヌの妻の感化によって今では実直な開拓農夫となっています。
 旧幕府軍の残党が蝦夷地で開拓民となる設定は、榎本武揚等幕府軍が函館五稜郭で新政府軍と戦ったこと、朝敵会津藩が南部に追いやられその一部が蝦夷に渡った史実からの発想でしょう。
北海道の原野を開拓するわけですから、過酷な生活で、十兵衛は妻を亡くしふたりの子供を抱え、冷害で生活の目処が立たないなか旧幕軍の同僚馬場 (柄本明、ローガンに相当)の賞金稼ぎの話に乗るわけです。
 この十兵衛の履歴については映画では多くは描かれません。例えば、幕軍の将校大鳥圭介は、江戸開城の後部下を引き連れて脱走を図り、後榎本武揚と合流して五稜郭で新政府軍と戦っています。この大鳥隊の歩兵は下級後家人が多く含まれているようで、そのひとりと考えても、土方歳三も大鳥圭介と行動をともにしていますから、あるいは新撰組隊士と考えても面白いです。
 原作のジーン・ハックマン同様に警察所長(佐藤浩市)の存在が強烈です。後の展開から想像すると、維新後に新政府仕え北海道に飛ばされて権力の末端を担っている旧幕臣、諸藩の藩士のようにも思われます。

【娼婦】
 娼婦に付いても、原作通りで、小池栄子(原作のアリスに相当)の演技と相まってしっかり描かれます。ナニが小さいと笑われたため牧童が娼婦の顔を切り付けた事件が事の発端。この事件を警察所長(佐藤浩市、原作ではジーン・ハックマン)は馬3頭で無罪放免します。娼婦は馬3頭の値打ちか!と怒った娼婦たちは、牧童に賞金をかけます。原作通りですが、北海道に流れ着いた侘しい娼婦達の怒り恨みは、原作以上にリアルです。

【アイヌ】
 原作ではマニーの相棒ローガン(モーガン・フリーマン)の妻が先住民ですから、これを取り入れたわけでしょう。賞金稼ぎに加わる沢田(柳楽優弥、原作のキッドに相当)もまたアイヌと和人の混血という設定です(十兵衛の亡き妻もアイヌ)。元幕軍、アイヌ、娼婦という抑圧された人々を持ってきた割りには、アイヌという存在は描き切れていません。

【薩長】
 十兵衛が幕軍の残党、朝敵ですから、薩長という時代の強者が登場します。原作のイングリッシュ・ボブに相当する北大路(國村隼)です。北大路は長州の元勤王の志士。元勤王の志士とは云え、賞金首を狙って北海道の場末まで来るわけですから、新政府の落ちこぼれなんでしょう。北大路は、薩摩のこれも落ちこぼれを一刀のもとに退けます。

 時代の強者、長州の北大路は警察署長に叩き出されますから、この映画は、元幕軍、アイヌ、娼婦という時代の敗者の側から描かれた映画と言えます。その辺りはオリジナルより濃厚です。舞台を明治維新の北海道にもってきたのですから、もっとオリジナルを改編した方が (例えばアイヌの沢田にもうひとつストーリーを与えるとか)よかったようにも思えます。『七人の侍』→『荒野の七人』のリメイクよりこちらの方が良く出来ています。
 
監督:李相日
出演:渡辺謙 佐藤浩市 柄本明 柳楽優弥 忽那汐里 小池栄子 

絵日記 老犬 [日記(2016)]

DSC_0791.jpg DSC_0792.jpg
 わが家の愛犬ミニチュアダックスフンドのターボ(11歳)です。家族がソファーに座ると跳んできて側に座ります。ところが突然ソファーに跳び上がれなくなりました。トイレは、ウッドデッキを跳び降りて庭で済ますのですが、これもデッキを跳び降りることが出来なくなり、動きに元気がない。家族が食卓につくととんできてオコボレをねだるのですが、自分のクッションから動こうとしません。これはかなり重症。抱き上げると、痛いのかキャンと鳴きます。ものが言えないので可愛そうです。

  ダックスフンドはその体型から椎間板ヘルニアになりやすいと聞いていたので、 それではないかと獣医さんに行ってきました。レントゲン撮って診断受けて、椎間板ヘルニアではありませんと痛み止の薬を貰って帰ってきました。11歳ですから老化が始まったんですねと、結局原因不明です。獣医師によると、昔の犬の寿命は7~8歳、ドッグフードと動物病院のおかげで寿命が延び、人間同様犬の老化が顕著になってきたそうです。認知症もあるそうです。
 コンドロイチンなどのサプリもありますが気休めですよ、ということで美味しいもの食べてゆっくり老後を過ごして貰うことにしました。 老犬もなかなか可愛いものです、主人共々ゆっくり老いていきましょう。
DSC_0793.jpg 老犬倶楽部.jpg
昇り降りが楽なようにブロック置きました。   秘密結社 老犬倶楽部

タグ:絵日記

プレスポでポタリング 伊勢街道(2) 津→松阪 [日記(2016)]

12.9.jpg Screenshot_2016-12-09-15-51-23.jpg
本日の行程           ルートから外れた!
 旧伊勢街道は鈴鹿→津を走ったので、今回は津→松阪です。目当ては、松浦武四郎記念館、小津安二郎 青春館、本居宣長 鈴乃屋。旧街道は迷いやすいので、「地図ロイド」でルートマップ(ログ)を作成し、スマホでナビしました。三回ほど迷子になりましたが、おかげですぐルートに戻れます。「みえれきし街道」のpdfを参考にしました。
 6時間弱、48kmのポタリングです。
DSC_0753.jpg DSC_0759.jpg
雲出橋の常夜灯            松浦武四郎記念館
 北海道の名付け親です。立派な記念館のわりに展示物は少ないです。入館料310円はちょっと...。近くの伊勢街道沿いに生家?がありますが、残念ながら修復中でした。
DSC_0762.jpg DSC_0761.jpg
               伊勢街道最大の道標(3m)  
DSC_0788.jpg DSC_0766.jpg
忘井                 舟木家長屋門
 別れゆく 都の方の恋しきに いざ結びみむ忘井の水 
DSC_0772.jpg DSC_0769.jpg
薬師寺                仁王門 
DSC_0774.jpg DSC_0785.jpg
小津家                長谷川家
DSC_0777.jpg DSC_0776.jpg
小津安二郎 青春館
 『東京物語』の小津安二郎です。松阪の名門・小津家の家系につながるらしいです。そう言えば、親父の同僚にも松阪出身の小津さんがおられたし、高校の同級生にも松阪から通っている小津がいました。
「青春館」は昭和の趣の映画館で、看板は小津作品です。『東京物語』で、大阪志郎の「出張で松阪に行ってまして」というセリフがあります。この松阪の音が「まっさか」で、父母も松阪を「まっさか」と発音します。 
DSC_0778.jpg DSC_0783.jpg
松阪城                 本居宣長 鈴乃屋
 歴史の教科書に載る三重県人といえば、この人と芭蕉くらいです?。本居宣長は『源氏物語』の「色好み」に憧れ、不倫に走ったか何か...(アイマイモード)。この人も小津家らしいです。
 鈴屋は松阪城内にあります。本居宣長がお城の中に住んでいたわけもなく、移築されたもので、旧宅跡は魚町にあります。鈴屋の近くに記念館もあるのですが、改装中で見ることができませんでした。

その他
小津家(松阪商人の館)、長谷川家、舟木家長屋門など連子格子の古い民家があり楽しめます。極めつけは、薬師寺と仁王門。平安時代の羅城門もかくやという荒れようでなかなか趣です。

タグ:自転車

プレスポでポタリング 伊賀街道 [日記(2016)]

12.7.jpg Screenshot_2016-12-07-13-59-01.jpg
 三重県津市から伊賀上野に通じる伊賀街道を走ってきました。現在の伊賀街道(163号線)に沿って旧街道が走っています。「みえの歴史街道」の伊賀街道pdfが参考になります。
 伊賀街道は、伊賀上野から長野峠を越えて津に至る50kmの街道で、伊賀上野と津に城を構える藤堂藩には重要な官道であり、庶民にとっては伊勢神宮参拝の道だったそうです。街道沿いには、片田宿、長野宿、上阿波宿、平田宿の四つの宿場があります。今回走ったのは、津八町→片田宿→長野宿の約17km。途中の長野峠の標高が330mを超えるので、恐れをなして峠に差しかかる長野宿の外れでUターン、それでも標高163m。往復で33km、急な坂はないですが、向かい風でずっと登りというのはいい運動になりました。

 沿線には、国学者谷川士清の旧宅(八町)、平忠盛(清盛の父親)が生まれたという忠盛塚(産品)、片田宿、長野宿の旅籠(と云っても当時のものではない)、道標、常夜灯など旧街道の趣があります。
 今回の目的は、祖母の実家である片田宿の旅籠・野田屋を見ることで、様変わりしていましたが個人的にはン十年のタイムスリップが楽しめました。

 次は長野峠を越えて伊賀上野を目指す、と言いたいところですが、330mの峠を挟ん往復100kmは正直無理。軽い自転車を手に入れて輪行までお預けです(笑。 
kotosuga1.jpg kotosuga4.jpg
谷川士清(国学者)旧宅(津市八町)    谷川神社
DSC_0645.jpg DSC_0641.jpg
ローカルでは有名な忠盛塚(津市産品) 
DSC_0754.jpg DSC_0753.jpg
片田宿・徳田屋(旅籠)          同じく野田屋
 
DSC_0752.jpg DSC_0757.jpg
旧街道の趣              五百野の常夜灯 
DSC_0756.jpg DSC_0763.jpg
奈良街道との分岐の道標        万度石


タグ:自転車

絵日記 ICアンプ [日記(2016)]

DSC_0756.jpg DSC_0758.jpg
 ジャンクボックスから発掘したアンプをケースに入れました。大昔に今はなきニノミヤムセンで買ったキット。シングルアンプを2枚入れるのですが、小さいケースに無理矢理。NECのHPC1230H2という聞きなれないICが付いています。パーツがすべてジャンクボックスですから、レイアウトも何もありません。余分な穴も空いてます。
 先日作ったやっつけスピーカboxに繋いでみました。TDA1552Qのアンプに比べるとイマイチで、まぁこんなモノという音です →どんな音?。下宿先で使うことにしました。

タグ:絵日記

絵日記 牡蠣 [日記(2016)]

DSC_0751.jpg DSC_0752.jpg
到来物の牡蠣22個           殻をむくナイフ付き 
DSC_0753.jpg
生食は怖いのでフライに
 牡蠣殻を剥くのが大変。端をハンマーで割って付属ナイフでこじ開けます。途中から電子レンジ(500W3分程度)を使いましたが、それでも固く口を閉じたものもあり、牡蠣→沈黙、口が固いの意味を実感。 

タグ:絵日記

超簡単 茶碗蒸し [日記(2016)]

DSC_0749.jpg 手ブレしてますスミマセン

 レンジで茶碗蒸しを作ってみました。
出汁:昆布茶、煮干し数匹、水、塩、卵
具材:ブラックタイガー、シメジ、椎茸、何でも可 
 水に昆布茶、煮干し数匹、酒、塩を入れて煮立て、冷ましてから溶き卵。インスタントのお吸い物もアリらしいです。具材は冷蔵庫の在庫、何でも。ホウレン草などの青物があればよかったのですが...。電子レンジ500Wで10分の加熱した結果が画像です。食してみましたが当たり前の茶碗蒸し。卵の量、加熱時間が要研究です。何しろ初挑戦ですから(笑。もう一品というときには使えます。鶏ダンゴ鍋の方が美味しいです。

鶏ダンゴ鍋 [日記(2016)]

DSC_0744.jpg
 鍋料理が美味しい季節、好物の鶏ダンゴ鍋を作ってみました。
ダンゴの材料:鶏モモひき肉、レンコン、卵、塩コショウ、ネギ、醤油、酒、水
鍋の材料:味噌(合わせ味噌)、出汁、アゲ、白菜、椎茸、長ネギなど何でも可
 
 奥さんに聞いてきたレシピです。鶏ひき肉はムネよりモモがいいそうです。レンコンは微塵切り。これを白くなるまで、「腕が疲れるほど」よく混ぜる、柔らかい時は片栗粉を入れる。よく混ぜるとダンゴがフワフワ?になるそうです。30分ほど冷蔵庫で寝かせる。鍋の具材は何でもいいそうで、葉物野菜が高いのでモヤシでもいいです。今回は白菜をたっぷり。アゲ(油抜き)を適当に切って入れます、これがコツかも。ダンゴは握らずスプーンで鍋に投入します。卵が入っているので十分固まります。
 残りのスープにウドンを入れても美味しいです。お試しあれ。 

映画 フューリー(2014米) [日記(2016)]

フューリー [SPE BEST] [DVD]
 フューリー(Fury=狂暴)と名付けられたシャーマン戦車が、ヨーロッパ戦線で活躍する戦争映画です。フューリーに乗り組むのは、

リーダー:コリアー(ブラッド・ピット)
砲手:ボイド(シャイア・ラブーフ)
操縦士:ガルシア(マイケル・ペーニャ)
装填手:グレディ(ジョン・バーンサル)
副操縦士:ノーマン:(ローガン・ラーマン)

 コリアーとボイド、ガルシア、グレディの4人は、北アフリカ戦線からチームを組み、フランス、ベルギーとドイツと戦ってきた戦争のベテラン。ボイド以下3人は、コリアーに付いて行けば生き残れると信じ、コリアーもまた3人を生きて祖国に連れて帰ることを宣言しています。
 副操縦士が戦死しノーマンが補充されます。ノーマンは、タイプ要員として司令部に配属されるはずが誤って戦車部隊に来たという、出征して8週間の新米。銃も満足に撃てず、独兵を殺すことをためらって米兵が死ぬという失敗をやらかす始末。見ようによっては、ノーマンの兵士としての成長を描いたヴィルトゥングス・ロマンでもあります。

 戦況は連合軍に優勢であるとはいえ、敵国内ドイツで性能の劣るアメリカ戦車がドイツの戦車とどう戦うかがこの映画の構図です。ベテラン軍曹コリアーに率いられた戦争の猛者達に新米の若い兵士という組み合わせは、戦争映画の云わば定石。コリアーを『プライベート・ライアン』のミラー大尉をコリアーに、通訳のアパムをノーマンに、狙撃主ジャクソンを砲手ボイドに置き換えれば、そのまま『フューリー』となります。祈りの言葉と共にドイツ兵を狙撃するジャクソンと何かと言うと神を話題にするボイドの類似、戦略拠点を確保するため独軍相手に不利な戦いでミラー大尉が戦死する山場も用意されています。
  決定的に違うのは、『フューリー』のヒーローが戦車であることでしょう。戦車が主人公の映画は比較的珍しいと思います(クリント・イーストウッドの『戦略大作戦』も面白い)。圧巻は、タイガー戦車とシャーマン戦車の一騎討ち。戦闘機の空中戦、潜水艦の心理戦に比べると機動性に乏しい戦車の戦いですが、鉄の塊の迫力と圧倒的な破壊力で、見せてくれます。

 ラストで、コリアー以下5人が圧倒的な数の独部隊に戦闘を仕掛ける辺りはいかにもアメリカ的ですが、最近の戦争「娯楽」映画としては出色ではないかと思います。
 フューリー.jpg
監督:デヴィッド・エアー
出演:ブラッド・ピット シャイア・ラブーフ ローガン・ラーマン マイケル・ペーニャ ジョン・バーンサル