So-net無料ブログ作成
検索選択

父の日 [日記(2017)]

DSC_0112.JPG

 父の日は何がいい?というので、明治カールをリクエストしました。中部地区以東は販売中止とかで、関西でも私の住んでいる堺市では売っていません。売っていないとなると食べたくなるわけです(笑。娘がスーパーを数軒回って手に入れた一品。

タグ:絵日記
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

又吉直樹 火花 [日記(2017)]

火花 (文春文庫)  今更ながら『火花』を読みました。

 話としては、売れない漫才師の徳永が、これも売れない漫才師・神谷の奇矯な行動やその「漫才哲学」を描いたものです。
 大阪出身の作家ですから、織田作のような?関西弁を多用した文体かと思ったのですが、会話文はベタベタの関西弁ですが地の文章は端正な書き言葉。舞台が吉祥寺、上石神井、渋谷ですからそうなるのでしょうか、意外でした。
 
 徳永は営業で神谷に出会い、その特異な芸風に惹かれ弟子入りします。この小説の基本的な構造は、冒頭の神谷の言葉でほぼ明らかになっています。
 
漫才師である以上、面白い漫才をすることが絶対的な使命であることは当然であって、あらゆる日常の行動は全て漫才のためにあんねん。だから、お前の行動の全ては既に漫才の一部やねん。漫才は面白いことを想像できる人のものではなく、偽りのない純正の人間の姿を晒すもんやねん。つまりは賢い、には出来ひんくて、本物の阿呆と自分は真っ当であると信じている阿呆によってのみ実現できるもんやねん
 
 神谷は「本物の阿呆」であり、徳永は「自分は真っ当であると信じている阿呆」ということになるんでしょうか?。例えば、公園で出会った赤ん坊をあやすシーンです。神谷は、漫才ネタの「蝿川柳」で赤ん坊を泣き止ませようとします。
僕は蝿きみはコウロギあれは海、
まわりのウケを狙ったギャグではなく、本気で「蝿川柳」で赤ん坊を笑わせようというのですが、こんな人いるんですかねぇ。神谷は次々に「蝿川柳」を繰り出し赤ん坊は笑うどころかよけいに泣き、お母さんは引いてしまうという結果に終わります。ついで徳永が挑戦 →「いないいないバァ」。
 この「蝿川柳」と「いないいないバァ」の落差が神谷と徳永の差です。神谷が自分の漫才哲学を推し進めて行くと何処にたどり着くのか?、その時徳永は何処にいるのか?。
 
 徳永と相方・山下の漫才コンビ”スパークス”=『火花』は次第に売れ出し、徳永は高円寺の家賃二万五千円の風呂無しアパートから、下北沢の家賃十一万のマンションに引っ越します。それなりの成功を収めたということでしょう。
 ブームが去り?、徳永の仕事も徐々に減ってゆきます。そんな折、相方・山下の恋人が妊娠し、山下は生まれてくる子供のために徳永にコンビ解消を持ちかけます。徳永にとって、中学生の頃に出会いコンビを組んできた山下こそが漫才の総てであり、スパークスは解散し漫才を辞めた徳永は下北沢の不動産屋で働くことになります。これが徳永のたどり着いた場所です。そこで徳永はこう考えます、
 
一度しかない人生において、結果が全く出ないかもしれないことに挑戦するのは怖いだろう。無駄なことを排除するということは、危険を回避するということだ。臆病でも、勘違いでも、救いようのない馬鹿でもいい、リスクだらけの舞台に立ち、常識を覆すことに全力で挑める者だけが漫才師になれるのだ。それがわかっただけでもよかった。この長い月日をかけた無謀な挑戦によって、僕は自分の人生を得たのだと思う。
 
えらく真っ当な感慨です。又吉が描いたのは、人生が輝いた束の間の「火花」=「青春」だったと言うわけです。
 では神谷は何処にたどり着いたのか、神谷が行き着いた「笑い(漫才)」の地平がこの小説のオチです。徳永の青春は一瞬輝き終わりますが、輝くこと信じて終われない人間もいます。言い換えれば、「笑い」という神に憑かれた男の悲劇でしょう。「漫才」という文言を「革命」と置き換えても「国家」と置き換えても成り立つわけです。とするなら『火花』は、ひどく真っ当な小説だと思われます。

タグ:読書
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

絵日記 えんどう豆ご飯 [日記(2017)]

DSC_0087.JPG DSC_0088.JPG

 育ちすぎたスナップエンドウの実で、えんどう豆ご飯を炊いてみました。ほんのり塩味で美味しいです。ソテーにするよりこちらの方が評判がいいです。

タグ:絵日記
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新田次郎 劔岳〈点の記〉 [日記(2017)]

新装版 劒岳 ―点の記 (文春文庫)  この物語が始まる明治39年当時、劔岳は未踏峰であり日本地図唯一の空白地帯。この穴を埋めるため、劔岳に三角点を設ける陸軍参謀本部・陸地測量部の苦難の物語です。


 立山連邦の一峰である劔岳は、弘法大師が草鞋三千足を使っても登れなかったという伝説を持ち、山岳信仰によって「登れない山、登ってはならない山、針の山」と呼ばれています。この「禁断の山」に測量官・柴崎芳太郎と案内人・宇治長次郎が挑みます。

 内務省の一部局であった陸地測量部(現在の国土地理院(国交省)の前身)は明治22年に陸軍参謀本部に移され、管理職は軍人(武官)、技術職(測量士)は文官という組織です。


 測量部と劔岳初登頂を競う、日本山岳会が登場します。この物語の前年明治38年に結成された日本山岳会もまた、唯一の未踏峰・劔岳の初登頂を目指します。明治40年の夏、劔岳初登頂を狙って測量部と山岳会が凌ぎを削る熱い夏だったわけです。


 地図を作るために劔岳に登る柴崎にとって、陸軍の面子のために危険を犯すことは本末転倒ですが、初登頂を逃せば組織の中で生き残ってはいけない。長次郎は、劔岳に測量部を案内するきとは地元の禁忌に触れることになります。

 劔岳を「登ってはならない山」とする立山山岳信仰、陸軍の威信にかけて初登頂を目論む陸地測量部、成果の欲しい日本山岳会、この三大噺の狭間で測量士・柴崎と地元の案内人・長次郎のドラマが成立します。


 三角点を設定するには、高さ4.6mの覘標台を設けその下に三角点の標石を埋めるとう作業がともないます。測量士は、三角点設置、観測の機材を背負いルートを開きながら登るわけです。ルートが整備され難所には鎖や梯子が整備された「道」を登る現在の登山とは比較になりません。しかも現在でも難易度の高い劔岳を登るわけです。日本の山の多くは、こうした測量士によって初登頂がなされルートが開かれたということも頷けます。

 山を開いたのは測量士だけではありません。山岳信仰に支えられた行者の集団です。本書でもこの行者が重要な役割を演じます。立山の行者の残した「(劔岳は)雪を背負って登り雪を背負って帰れ」という言葉の謎を解き、雪渓を登って初登頂に成功します。

 頂上で、彼等は錆び付いた錫杖の頭と剱を発見します。劔岳は奈良時代に行者によってすでに開かれていたことになります。柴崎隊が初登頂でなかったことが分かると参謀本部の熱は冷めます。急峻な劔岳に三等三角点の機材を運び上げることはできず四等三角点が設置され、測量部の正式記録にも記載されません。柴崎等の登頂を一番評価したのは、皮肉にも日本山岳会の小島烏水だったのです。小島烏水だけはなく、立山温泉に下りた柴崎には、剱岳の初登頂を成功させた柴崎を「シバアサマ」と称える湯治客が待っていたというオチがつきます。


 木村大作の監督撮影で映画にもなっています。映画は立山の山岳映像が売りですが、小説の方は測量士・柴崎と案内人・長次郎の人間ドラマです。地図と首っ引きで読むと面白いです。

タグ:読書
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

杉原幸子 六千人の命のビザ [日記(2017)]

新版 六千人の命のビザ  ナチスに迫害されるユダヤ人にビザを発行して助けた杉原千畝の有名な美談を、杉原の奥さん幸子夫人の視点による回想記です。

 リトアニアのカウナス領事館で、4000とも6000ともいわれるビザを発行し、ユダヤ人を日本経由で第三国に出国させナチスの手から救ったのです。この行為は、後にイスラエルから顕彰されています。

 

 スウェーデン駐在武官・小野寺信の諜報活動を描いた『消えたヤルタ密約緊急電』にも杉原千畝が登場します。この「東洋のシンドラー」の諜報員としてのもうひとつの顔が、どう描かれているのか興味のあるところです。

 幸子夫人も、日本人がだれひとりいないカウナスに領事館を設けることは情報収集に他ならないこと、杉原の仕事はドイツとソ連に対する諜報であることを認識していたようです。領事館にはスパイとおぼしき男達が出入りし、休日のドライブでは、家族を目的地に置くとひとりで車を運転して情報収集をしていたとも書いています。また、情報の報告は直属の上司であるラトビアの公使に送らず、直接外務省に送っていたとも書いています。電文の清書は夫人の担当だったそうで、外交電を平文で送ることは無いでしょうから、夫人が担っていたのは「暗号化」だったのではないかと思われます。家族に危険が及ぶことを恐れ杉原は詳しい話はしなかったと書いていますが、婦人は電報の清書をしていたのですから機密情報を知っていたわけです。その辺りを書けばノンフィクションとして価値のあるものになったでしょう。

 昼食もとらず数千枚ビザを手書きで発行する杉原の姿や、領事館を閉鎖した後追いすがるユダヤ人のために、列車の窓から身を乗り出して許可証を書く姿は、身近にいた夫人ならではの描写です。

 

 なにぶん200ページの短い手記ですから、中身は荒いです。リトアニアの領事館を閉め、一家はプラハに移り、さらに東プロセインのケーニヒスベルグ、ブカレスト(ルーマニア)と杉原はドイツとソ連の紛争地域へと諜報活動の場移します。ブカレストで、夫人はドイツ軍の敗走に巻き込まれ九死に一生を得、敗戦によってオデッサ→ナホトカ→ウラジオストックと零下40度を越えるシベリアを移送され日本にたどり着きます。外交官夫人ですから、満州から引き揚げる庶民の悲惨さはありませんが、諜報員の妻として得がたい体験をしたわけですから、もう少し突っ込んで頂くと読み物として面白かったのですが、残念。

タグ:読書
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画 10 クローバーフィールド・レーン(2016米) [日記(2017)]

10 クローバーフィールド・レーン [DVD]  タイトルに「クローバーフィールド」と付きますから、『クローバーフィールド/HAKAISHA』の続編です。続編ですがストーリーの繋がりは無く、いわば「クローバーフィールド・ワールド」とでも云うべき「続編」でしょうか。


 ミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は、気がつくと点滴を打たれて地下室に「監禁」されています。ハワード(ジョン・グッドマン)と名乗る中年の男が現れ、交通事故で意識を失ったミシェルを助けたと云うのですが、ベッドに縛り付けられているので、これは監禁に他なりません。

 ここからが「クローバーフィールド」です。ハワードによると、異星人の攻撃で人類は滅亡し、汚染された地上に出ることは出来ず、この地下室=シェルターで暮らす他はないというわけです。シェルターは自家発電と空気浄化装置を備え、十分な水と食料が備蓄され、異星人の脅威が無くなるまで隠れ棲むことができるというもの。海軍で異星人攻撃の情報を知ったハワードは、この日を見越して独力でシェルターを作ったというのです。

 ミシェルは、異星人の攻撃は作り話で、ハワードを若い女性を誘拐監禁して楽しむ精神異常者と考え逃げ出そうとします。ここからは監禁された若い女性が異常者の魔の手から逃れるサスペンスです。

 もうひとりエメット(ジョン・ギャラガー・Jr)が現れます。エメットはシェルターを作るためにハワードに雇われた若者で、異星人の攻撃に際してこのシェルターに逃げ込んだと云うのです。さらに、シェルターに助けを求める近所の女性が現れ閉ざされたドアの前で死にます。

  ハワードは女性を誘拐して監禁する異常者ではなく、異星人の攻撃は真実なのか?。映画はこのふたつの謎の間を揺り動いて進行します。ミシェル、エメットは真実を確かめるために脱出を計画し、露見。エメットはハワードに殺されます。残ったミシェルは防護服を作りハワードを撃退して外に出ます。さぁどうなんだ?、宇宙人はいるのか?。


 登場人物は、ハワード、ミシェル、エメットの三人だけ、舞台もほぼシェルターの密室劇。それなりに見せてくれます。個人的には『クローバーフィールド/HAKAISHA』より面白いと思います。


監督:ダン・トラクテンバーグ

出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド ジョン・グッドマン ジョン・ギャラガー・Jr

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

絵日記 菜園 [日記(2017)]

P5210953.jpg P5210952.jpg

茄子                  トマト

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

絵日記 スナップ・エンドウの収穫 [日記(2017)]

DSC_0050.JPG DSC_0053.JPG

 菜園の収穫第一号、エンドウを収穫し食べてみました。オリーブオイルで炒めて塩コショウだけ。美味しいといえば美味しい、懐かしい味です。次々に実がついていますので、調理方法を研究してみます。エンドウご飯というのもいいかもしれません。

【追記】

DSC_0075.jpg DSC_0078.jpg

ベーコンと               天ぷら

DSC_0088.JPG

えんどう豆ご飯、これが一番美味しい。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

絵日記 家庭菜園 [日記(2017)]

P5090944.jpg P5090945.jpg

P5090943.jpg P5090941.jpg

P5090948.jpg

 エンドウの実がなって、茄子とトマト花が咲きました。トマトは脇芽を摘まなくては。


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感