So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

映画 特捜部Q 檻の中の女/キジ殺し(2013、2014デンマーク) [日記(2019)]

特捜部Q ~檻の中の女~ [DVD] 特捜部Q ~キジ殺し~ [DVD] 特捜部Q ―檻の中の女― 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕  TVドラマのような『特捜部Q』という安っぽいタイトルですが、なかなか見ごたえのある刑事モノです。
 殺人課のカール(ニコライ・リー・コス)が銃で撃たれて負傷し3ヶ月後に復帰すると、殺人課に席はなく新設の「特捜部Q」に異動を命じられます。《Q》は、迷宮入りになった事件の捜査資料を整理する部局。無能か第一線を退いた警察官のやる仕事で、(移民と思われる)アラブ系のアサド(ファレス・ファレス)と共に書類整理をやるはめになります。カールとアサドが迷宮入り事件を再捜査し解決するプロットですが、見どころは、犯人探しのプロットよりも、豪腕一直線のカールと一歩退いた冷静さで事件を見つめるアサドの名コンビ振りです。片の付いた事件を蒸し返すわけですから誰も快く思わず、警察内部は非協力的で妨害さえ入る始末。この抵抗勢力をカールの豪腕が跳ね除け、アサドがソフトランディングさせるわけです。

 カールは妻に逃げられ、大きな息子と二人暮らし、母親はどうしていると息子に聞くと「新しい男とヤリまくっている」という返事。アサドは2年間倉庫でスタンプ押しが仕事だったという以外に私生活は謎。現世の幸福とは程遠いふたりが主人公ですから、映画は明るい筈がありません。迷宮入り事件ですから、事件が起きた過去とふたりが捜査する現在が交差する二重構造となり、過去も現在も”真っ暗”。

檻の中の女
 フェリー船上で行方不明となり、投身自殺と見なされた「国会議員ミレーデ失踪事件」です。フェリーに解離性障害の弟を残して投身自殺するはずないと考えたカールは、ミレーデは誘拐されたか殺されたと考え、彼女の周辺を洗います。タイトルが『檻の中の女』ですから、誘拐。誰が何のためにミレーデを誘拐し、何処に監禁しているのか?、ということになりますが、ミレーデが監禁された「檻」はなんと「加圧(与圧)室」。気圧を上げたり下げたりして、潜水病の治療に使うアレです。こんなものがなぜ農家の納屋にあるんだというツッコミは別にして、こんな装置に女性を何年も閉じ込める犯人の狂気と、減圧でミレーデの命が刻一刻と危機に近づくサスペンスはなかなか。「何故」という犯人の背景と誘拐の動機はもうひとつ納得がいきませんが。

キジ殺し
 第2作では、カールとアサドに加え秘書ローセが加わります。《Q》に異動(島流し)させられますから、彼女も普通の警官ではなさそう(はみだし警官?)。目覚ましい活躍はしませんが、必要にして十分なサポートでふたりを支えます。
 《Q》の噂を聞き、カールのもとに再捜査の依頼者が訪れます。カールはすげなく断りますが、解雇された元警官の依頼者はその数時間後に自殺。迷宮入りを50件抱えているというアサドの反対を押し切り、カールは事件の再捜査を始めます。全寮制の有名校で双子の兄が殺され妹がレイプの末刺殺されるという事件で、犯人は心神耗弱で5年の刑期を3年で出所するという軽いもの。犯人を弁護したのが富裕層を顧客とする弁護士であり、顧客なかで事件の犯人は唯一の”庶民”。カールとアサドは、被害者の父親が調べた資料をもとに全寮制有名校で起きた20年前の殺人事件に挑みます。
 犯人は裕福な家庭に育った全寮制高校の生徒。その特権的な地位を利用し、欲望のおもむくままに犯罪を重ね隠蔽のために双子の兄妹を殺したわけです。20年前の殺人犯を割り出し20年後にホテルチェーンの経営者となった殺人犯を追い詰めます。過去と現在が交差する狭間に、ひとりの少女の存在が浮上します…。

 amazonのカスタマーレビューに釣られて観たのですが、思わぬ拾い物でした。原作がハヤカワ・ミステリ文庫でシリーズ化されているようで、読んでみたいです。

監督:ミケル・ノガール
出演:ニコライ・リー・コス  ファレス・ファレス

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 [日記(2019)]

DSC_0041.jpg DSC_6510 (1).jpg

タグ:絵日記
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

グランド・カバー・プランツ [日記(2019)]

キンランソウ.jpg DSC_6494.jpg
キンランソウ             アジュガ
DSC_6498.jpg DSC_6503.jpg
シャガ                リュウノヒゲ

 グランド・カバー・プランツなるジャンルがあるそうです。要は、地面を覆って雑草が生えにくくする植物のこと。これを植えると「草むしり」をしなくてもいいわけです →これはいい!。キンランソウ、ツルニチソウ、アジュガ、リュウノヒゲは庭に生えているので、花壇に移植しました。来年からは草むしりが楽かも。
 キンランソウ(金瘡小草)は高血圧、鎮咳、去淡、解熱、健胃、下痢止めなどに薬効のある薬草で、「地獄の釜の蓋」という別名があるそうです。アジュガも「キンランソウ属」だそうですから親戚。

タグ:絵日記
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画 サイコ2 (1983米) [日記(2019)]

サイコ2 [DVD]  サスペンスの名作、ヒッチコックの「サイコ」の続編です。続編といってもヒッチコックの監督ではありません(1980年に亡くなっています)。「サイコ」は、マザコンから母親を殺したノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)が、自分の中に母親を同居させる多重人格(解離性同一性障害)をトリックに使い、死んだはずの母親がノーマンに乗り移り殺人を犯す恐怖でした。「サイコ2」は、「サイコ」の舞台と設定をそのまま借りて、ノーマン・ベイツのその後を描いたサスペンスです。そうした意味では、ヒッチコックの「サイコ」を観ていないと面白さが半減します。トリックは既にバレていますから、どんな手でサスペンスを盛り上げるのかが見どころです。

 「サイコ」の事件から22年後、精神病院から退院したノーマン(アンソニー・パーキンス)は、おなじみの屋敷とモーテルに帰ってきます。社会復帰プログラムでノーマンは食堂の厨房に雇われ、ウェイトレスのメアリー(メグ・ティリー)と知り合います。精神病の治った筈のノーマンですが、死んだ母親から行動を監視しているかのようなメモが届き電話が掛かり、母親らしき姿が二階の窓からノーマンを見下ろしている…、ノーマンは再び狂気の世界にひきこまれてゆきます。モーテルの管理人、マリファナを吸うため屋敷の地下室に潜り込んだ少年が殺され、またも「解離性同一性障害」に陥ったノーマンが母親の人格となって殺人を犯すことになったのか?。

 後半で種が明かされます。メアリーは、実は「サイコ」で殺されたマリオンの姪、母親でマリオンの妹ライラ(ヴェラ・マイルズ)とともに”母親”を騙ってメモを送り電話かけ、ノーマンを再び狂気に追いやり精神病院に入れようというしたわけです。ライラはノーマンの保釈を強硬に反対する人物として冒頭で登場しています。メアリーは、誠実なノーマンに惹かれライラを裏切りノーマンに味方します。ところがライラもまた何者かに殺され、『サイコ』同様、”母親”の人格に入れ替わったノーマンが殺したのか?、”ノーマン・ベイツ”という「怪物」の再来か?、というのが映画のキモ。
 実は、今度はマザコンではなく「子離れできない母親」というのがミソで、『サイコ』の続編としては、なかなかよくできています。ヒッチコック・ファンなら観ては損はないと思います。

監督:リチャード・フランクリン
出演:アンソニー・パーキンス ヴェラ・マイルズ

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

彦根城の桜 [日記(2019)]

DSC_6486.jpg DSC_6491.jpg
 天守閣も登りましたが、城は外から眺めるのが一番ですね。

タグ:絵日記
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホワイトバランス スマホ [日記(2019)]

AUTO                 電灯
DSC_6486.jpg DSC_6487.jpg
蛍光灯                 太陽光
DSC_6488.jpg DSC_6489.jpg

曇り                 マニュアル・WBメニュー
DSC_6490.jpg Screenshot_2019-04-05-10-12-09.jpg
 スマホはXperia Zです。マニュアル・モードではホワイトバランス変更できます。どう違うんだろうと試してみました。XperiaZの設定では、AUTO、電灯、蛍光灯、太陽光、曇のみ。↑は快晴の日の桜です。電灯で青っぽくなっている以外、大して代わり映えしません。AUTOで十分です。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホワイトバランス オリンパスXZ-1 [日記(2019)]

AUTO                快晴5300k
P4086245.jpg P4086246.jpg
晴天日陰7500k              曇り6000k
P4086247.jpg P4086248.jpg
電灯3000k              蛍光灯4000k
P4086249.jpg P4086250.jpg
水中
P4086251.jpg ホワイトバランス.jpg
 いずれも、《絞り優先・28mm・F8》天候は快晴で、ホワイトバランスを変えて撮影しています。晴天日陰7500kでは全体に赤っぽく、蛍光灯4000kでは青っぽくなり桜がピンク。ホワイトバランスが少し分かりましたが、素人は当たり前にAUTOがよさそうです(笑。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Zuiko 28mm F3.5+フォーサーズ [日記(2019)]

P4066202.jpg P4066207.jpg
P4066210.jpg P4066213.jpg
P4066217.jpg P4066218.jpg
DSC_6449.jpg ←これです。
 桜も咲いたし、久々にZuiko 28mm F3.5(フィルムカメラ用OMレンズ)を使ってみました。スマホのカメラが手軽なので、最近はさっぱり出番がありません。露出とフォーカスが手動ですから、”カメラを使った!”と云う自己満足にひたれます。
 E-PL1にアダプタで装着しますから、35mm換算で50mm程度。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

御池台の滝桜 [日記(2019)]

P4046220.jpg P4046224.jpg

 福島県三春町の滝桜(樹齢1000年)の実生、樹齢20年だそうです。ローカルでは有名?で、平日にもかかわらず何人かが見物に。

タグ:絵日記
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画 南京!南京!(2009中) [日記(2019)]

City of Life & Death/ [Blu-ray] 英題:City of Life and Death。「南京事件(1937)」を描いた歴史映画(モノクロ)です。所謂「南京大虐殺」の犠牲者数は、スマイス調査(南京安全区国際委員会)の6600人から中国政府の主張する30万人まで幅があり、定説はありません。中国の映画ですから、『南京!南京!』の献辞は犠牲者30万人となっています。いずれにしろ、日本軍による捕虜、一般市民への虐殺、性的暴行があったことは事実でしょう。南京事件はデッチ上げだという意見もありますが、30万という数字は別にしても、どの時代のどの民族も多かれ少なかれ同じ様な「事件」を起こしています。映画は、日本兵の視点を交えることによって、加害者=日本軍、被害者=中国一般人という類型的な反日プロパガンダとは一味もふた味も違った戦争映画となっています。   

南京.jpg 南京2.jpg

 一貫したストーリーはありません。日本軍による虐殺、強姦、略奪、放火等の残虐行為と、日本軍から南京市民を守ろうとする「南京安全区国際委員会」、赤十字の救援活動を中心に、ジョン・ラーベ(ドイツ人、ジーメンス社南京支社支配人)等欧米人、ラーベの秘書、金陵大学の教職員の中国民間人の苦闘が描かれます。もう一つの視点が、日本軍の行動に疑問を抱く憲兵将校・角川(中泉英雄)の存在です。この視点を加えることで映画に奥行きが出ます。ラストで角川は捕虜を逃し自殺しますが、これも戦争においては加害者と被害者は等価であるということでしょう。日本軍の悪の象徴として、南京安全区国際委員会に100人の女性を慰安婦として要求し、狂った慰安婦を無造作に殺す、将校・伊田(木幡竜)が登場します。この伊田さえも、戦争という狂気の被害者として描かれます。日本兵のレイプが執拗に描かれる一方で、角川と日本人慰安婦との恋もあり、戦争と性の問題も、例の「慰安婦問題」とは異なった視点で捉えられます。

 南京陥落の祝勝会が開かれ、日本兵による和太鼓と「田植え踊り」?が描かれます。占領した他国で自国の文化を堂々と誇示する倨傲、それこそが非難されるべき「日本」なのだという監督・陸川の強いメッセージでしょう。

 日本人が他国で残虐行為を働く映像に抵抗を覚えますが、人類が歴史のなかで繰り返してきた行動を考えれば、これもまた有り得た真実のひとつなのかもしれません。

監督:陸川
出演:劉燁 中泉英雄 木幡竜 高圓圓 范偉

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -