So-net無料ブログ作成

村上春樹 1Q84 BOOK1 [日記(2009)]


1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 1

  • 作者: 村上春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/05/29
  • メディア: 単行本


【青豆】
 冒頭は、渋滞の首都高速で聴くヤナーチェックの『シンフォニエッタ』。聴いているのは【青豆(あおまめ)】29歳の女性。『ヤナーチェック』に【青豆】という奇妙な名前、村上春樹の小説を読んできた読者はこの組み合わせでなんとなく納得してしまいます。【青豆】は渋滞の首都高速から非常階段を使って地上に降り、工事用の資材置き場の隙間から脱出します。第5章で【青豆】の『専門的な技能と訓練が必要とされる職業』が明かされるのですが、この職業というのが『必殺仕掛け人』!。針を使う殺し屋で、オイオイと云いたくなります。

【天吾】
 一方、予備校の数学講師をしながら小説を書いている【天吾】の物語が同時進行します。【天吾】はある文芸誌の新人賞の下読みのアルバイトで17歳の少女の書いた『空気さなぎ』という作品に出会い、編集者に強く推します。編集者はこの『空気さなぎ』で芥川賞を狙うべく書き直しを【天吾】に依頼し、【天吾】は作者の【ふかえり】と会うこととなります。

【ふかえり】
 深田絵里子、『空気さなぎ』の作者で17歳の美少女。ディスクレシア(読字障害)で、『疑問符なしの疑問型』で物事を尋ねる少女。両親と離れ元大学教授の文化人類学者を保護者とする謎の少女。

 この【青豆】の物語と【天吾】+【ふかえり】の物語が交互に進行し、次第に謎が深まっていきます。

《 以下ネタバレ 》 【青豆】は、警察官の制服と制式拳銃が変わったことに気づき、『1Q84年』の世界では、米ソによる月面基地の建設が進み、浅間山荘事件(1972年)を思わせる本栖湖での過激派の銃撃事件があったことを知ります。【青豆】は、自分の存在するこの世界が1984年ではなく『1Q84年』のパラレル・ワールドではないかと疑いだします。
 『異世界』は作者のお得意の分野ですし、今度はパラレル・ワールドですから、別に驚きませんが。この辺りで(『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の読者なら)、2つの世界が平行して存在し、このふたりがやがて出会うであろうということ、男女の物語へ発展するであろうことは透けて見えますね、何と言ってもムラカミ・ワールドですから。

 村上春樹の世界は、多かれ少なかれ(ミステリーでない小説はそもそも存在しないと云う意味で)謎解きのミステリーですが、本書ではその傾向は濃厚です。
 【天吾】の1984年と【青豆】の1Q84年の謎、この二人の主人公ははたして出会うことがあるのか、中身が明らかにされない【ふかえり】の小説『空気さなぎ』と思わせぶりなリトル・ピープルとは何なのか、【ふかえり】と両親が暮らしていた宗教法人『さきがけ』とは・・・次々に提出される謎に引っ張られてページをめくることとなります。

 book1の最後の方で、【天吾】はガールフレンドに自分の書いている小説の話をします。彼の書いている小説は、月が二つある世界です。【青豆】のいる1Q84年の世界にも月が二つありました。ということは、1984年と1Q84年はパラレルワールドなんかではなく、1Q84年は【天吾】が書いた物語、虚構の世界なのですか?そして、【青豆】はヤナーチェックのシフォニエッタのシンバルの音で【天吾】の小説世界へ迷い込んだ不思議の国のアリスなのですか?それとも、【青豆】とは【天吾】の書く物語のヒロインなのですか?
これはもう、完全に『ワンダーランド』です。

朝日新聞によると
 作家、村上春樹さんの新作長編「1Q84」(全2巻)が発売日の29日、4刷が決まり、発行部数は2巻計68万部となった。早期のミリオンセラー達成は確実とみられ、発行元の新潮社は「社会現象になるかもしれない」そうです。

時事通信によると
 首都圏と関西地区で先行発売した27、28両日だけで実売部数は推計約10万部。関係者は「前例のない売れ方で、信じられない数字」と驚く。

book1読了。 BOOK2の感想 ⇒こちら
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1