So-net無料ブログ作成

ディップメータの制作 [日記(2009)]

Dipメータ外.jpg img080.jpg
                                            今回の回路

 ディップ・メータです。10年以上前に作ったもので詳細不明。久々に出番が回ってきたのですが、動かない(^^;)。回路図もないので、全部バラして組み直しました。2SK192で発信させて2SK241でバッファを付けて外付けのデジタルカウンタで周波数を読もうということです。こちらの回路をそのまま使わせて頂きました、感謝。

R9052395.jpg コイル.jpg
 FCZ基板の切れ端に組み立てました。78L05が無いので9Vそのまま供給。2SK241のバッファも組まず、取り敢えず発信の実験だけやりました。コイルが行方不明となっていたので、これも作りました。RCAプラグに穴を開けて、ベークボビンをねじ込んだだけです。

R9052400.jpg
 しっかり発信します。メーターの感度を忘れましたが、センシティブで、頻繁にVRの調整しないと振りきれます。片手で操作できるように、スライド式VRにしましたが、使い勝手はよさそうです。左端がフルスケールで画像は逆さまではありません、電池収納の都合でこのようになっています。

R9052392.jpg R9052398.jpg
中身、配線が冗長なのはご愛嬌。        こんな感じ。

後、
 ・コイルを追加する。
 ・ダイヤルはありあわせを付けたので、昔のDELICAみたいな円盤に変えたい。
 ・RFCは手持ちの391を付けたので、もう少し研究の余地があります。バリコンが入った方で発信が止まります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0