So-net無料ブログ作成

Xperia持ってウォーキング (山旅ロガー + 地図ロイド) [日記(2011)]

アイコン2.png アイコン1.png home1.jpg
山旅ロガー    地図ロイド    ウィジェット
 
 Xperiaに乗り換えたきっかけは、国土地理院の1/25000の地図がandroidで使える「地図ロイド」です。おまけに、同じ開発者の方の「山旅ロガー」があり、logを「地図ロイド」で表示できます。早速試しました。
 
地図ロイド.jpg 地図ロイド2.jpg GPStest.jpg
これはダミー         現在地の赤丸       GPStest
 
 山旅ロガーでlogを取りつつ、道に迷ったら現在地を地図ロイドで確認出来ます。あらかじめ地図をキャッシュに入れておくとオフラインで使えますから、電波の来ない山の中でも使えます。当該場所を予め地図ロガーで表示させるだけでSDカードにキャッシュされます、簡単です。気に入っているのは、25000分の1の地形図が電波の来ない山中でも使えることです。専用機ガーミン・オレゴン程の精度は出ないそうですが、スマートフォンで同じ機能が手に入る訳ですから嬉しいです。
 スマートフォンのボトルネックはバッテリです。山旅ロガーは、バッテリの消耗を押さえるため色々工夫がされています(山旅ロガーでハイキング参照)。
 
・測定開始とともに機内モードに入る設定ができる
・測定間隔を30,50,70mと粗めに設定してバッテリの消耗を押さえている
・カメラボタンにスリーブ機能を割り当て、不要な時はスリーブさせる(地図ロイド)
・モードにかかわらず,電池節約のために以下の制御をおこなっています
GPS測位に失敗した場合 - 測定間隔を少しずつ延ばします.
  移動中にビルの中などGPS圏外に入ったという状況を想定しています
・移動距離が0mの場合 - 測定間隔を少しずつ延ばします
  山で大休止をとって昼飯を食べるような状況を想定しています
なかなか親切な設計です。私はバッテリ・パックを持参して、容量が減ってきたらコードで繋いでいますが、開発者の配慮はなかなかのものです。
 
山旅5.jpg 山旅2.jpg 山旅3.jpg
logの一覧          logを選んで長押し    編集ツール

 もうひとつ、山旅ロガーにはlogの連結機能と最初と最後の余分なデータを秒単位で削除する機能が備わっています。
 任意のlogを長押しするとメニューが出ます。編集ツールで区間の連結、切り捨て、エラー点の除去(未だやってません)ができます。メニュー画面からはlogをGPXやKML形式で出力でき、GoogkeMapなどに取り込めます。出力したデータは、リムーバブル ディスク直下のcom.kamaland¥ytlogに格納されます。この「初めと終わりの切り捨て」はなるほどと思います。最初と最後に、必ず不要なデータがくっつきますから、これは便利です。
 
地図ロガー1001.jpg    ytlog.jpg
logを連結→地図ロイド       出力データの格納場所
 
 土曜日の細切れデータを連結して地図ロイドで表示させたのが上左、日曜日の成功データをGPXに出力しカシミールとGoogleMapに取り込んだのが下です。
 
地形図.jpg googl地図.jpg
カシミール(地形図)            GoogleMap
 
@作者の方がアウトドアー派のようで、痒いところに手のとどくアプリです。今度は山で試してみます。
山旅ロガーでハイキング」も必見です、開発者KamoLandさんに感謝。
 
DSC_0015.jpg DSC_0029.jpg
日曜日は、Xperiaで写真を撮りながら散歩しましたが、2~3時間の散歩ならバッテリ残量を気にする必要もなく楽しめました。
 
@トレキングでの使い勝手は ⇒こちら。 
 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0