So-net無料ブログ作成

映画 インヴィンシブル~栄光へのタッチダウン~(2006米) [日記(2011)]

インヴィンシブル/栄光へのタッチダウン [DVD]
 一言で言うとスポ根+アメリカンドリーム。30歳でプロフットボール・チームにテスト生として入団しスター選手?にまで上り詰めた実在のヴィンス・パパーリの物語です。
 このフットボール・チームのフィラデルフィア・イーグルスがどんなチームか知りませんが、さしずめ、Aクラスに入れない阪神タイガースのようなもの?。タイガースにテスト生として入団した虎キチ中年男が、キャンプを生き抜いて開幕戦でホームランを打つようなものでしょうか。
 フィラデルフィア ⇒ スポ根・アメリカンドリームと言えば「ロッキー(1976)」。ヒネリも何もなく、基本は「ロッキー」そのまんまじゃないかとも思いますが、かと言って面白くないかと言えばそんなことはありません。スポ根+アメリカンドリームですから、次の展開も見えて、安心して見ることができます。

 この手の映画の出色は、ラッセル・クロウの「シンデレラマン(2005)」。不況、貧困、30歳と道具立ては同じですが、格闘技ボクシングと幼い子どもを背負っている分コッチに分がありそうです。アメリカの国技・野球を素材にすると、ロバート・レッドフォードの「ナチュラル」や「メジャーリーグ」、ちょっと毛並みの変わったところでは「フィールド・オブ・ドリームス」(これお薦めです)があります。
 スポーツものはいずれにしろ、弱小チームがや逆境にある選手が放つ「逆転満塁ホームラン」がメインテーマですね。

監督:エリクソン・コア
出演:マーク・ウォールバーグ グレッグ・キニア エリザベス・バンクス

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0