So-net無料ブログ作成

Zuiko 100-200mm F5 の分解掃除 [日記(2013)]

DSC_4746.jpg DSC_4745.jpg
 F.zuiko50mmの分解掃除がうまくいったので、カビで曇っていた100-200mmの望遠を分解してみました。用意したのは上のようなものです。コンパス状のものは「シンワ製鋼コンパス スプリング付き15cm」というもので、カニ目レンチの代用品です。アマゾンで900円です。カメラ用のカニ目は3,500円以上しますから、実験にはこの程度で十分かと思います。前面の化粧リングを外すのに使います。固くてリング疵を付けてしまったので機械油を使って外しました(笑。



鋼製コンパス スプリング付 A 15cm 73059 文房具 コンパス 工事用 工具 シンワ測定

鋼製コンパス スプリング付 A 15cm 73059 文房具 コンパス 工事用 工具 シンワ測定

  • 出版社/メーカー: シンワ測定(株)
  • メディア: その他







    R9055160.jpg P3314105.jpg

    ネジ状の化粧リングを外すと、レンズが外れます。ここまでは分解できます。

    R9055165.jpg R9055157.jpg
     ここでつまずきました。このビスに合うマイナスドライバが手持ちにありません。真ん中のレンズを外すことが出来ません。取りあえず分解はここ迄にしてアルコールで軽く拭いてお終い。50mm同様、絞りリングに付いているベアリングを無くさないようにします。
    R9055168.jpg R9055158.jpg
  •                                     鏡胴内部です。スプリングは絞りのレバー用。
     悪戦苦闘数時間で再組み立て。構造は複雑ではないので、なんとかなります。絞りリングに付いた棒をU状のカム?に取り付けるのが難です。
    DSC_4744.jpg 
    P3314143.jpg
     完成!                        これはzuiko digital40-150mm
    P3314134.jpg 
    P3314135.jpg
     100mm(35mm換算200mm)         200mm(35mm換算400mm)
     試写 ⇒ 曇ってる!(涙。
    P3314138.jpg 
    P3314141.jpg
     100mm                              200mm
     カビは、真ん中のレンズまで進入しているようです。ドライバを調達してリベンジですね。
     olympus penに200mmの望遠を付けても、重い、手持ちではピントが合わせ辛いと使い勝手はよくありません(まけおしみ)。Zuiko 35-105というズームがあるようなので、このあたりをオークションで探してみます。それとマクロも欲しいですね ⇒ 「病膏肓に入る」です。で、結局150mmのzuikoも買ってしまいました(笑。
  • R9055170.jpg ←ネジが1本余った!どうして?

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0