So-net無料ブログ作成

映画 天井桟敷の人々(1946仏) (1)『犯罪大通り』 [日記(2014)]

天井桟敷の人々 HDニューマスター版 [DVD]
 『嘆きのテレーズ』が面白かったので、同じ監督マルセル・カルネの名作の誉高い『天井桟敷の人々』を見てみました。
 1946年の映画ですからさすがに古いです。科白も大げさで時代がかっています。どうしても映画にリアルさを求めてしまいますが、劇的空間でヒーロー、ヒロインが語る科白ですから、これでいいんでしょう。と考えると、フデリックの「愛するふたりにはパリも狭い」とか、ガランスの「恋なんて簡単」いう科白も、モントレー伯爵の歯の浮くような愛の告白も、フレデリックの饒舌も、これはこれでなかなかのものです。作り物を作り物として楽しむと云うことなんでしょう。脚本は、『枯葉』の作詞をした、詩人のジャック・プレヴェールだそうです。
 映画は3時間の長編で、第一部『犯罪大通り』、第二部『白い男』の2部分かれています。インターミッションが入るようなものです。
 一見カラーのようなパッケージですが、モノクロームです。モノクロームのほうが雰囲気が出ます。
vlcsnap-2014-02-01-22h01m47s121.png vlcsnap-2014-02-01-22h02m53s5.png
犯罪大通り                     バチストのパントマイム 
 
 『犯罪大通り』は、劇場や見世物小屋、怪しげな店が並ぶパリの繁華街の俗称。時代は19世紀、この『犯罪大通り』にある芝居小屋「フュナンビュール座」とそこに集う人々が舞台です。フュナンビュール座の出し物は無言劇、パントマイムです。登場人物にセリフは無く、音楽とパントマイムの道化芝居です。タイトルの「天井桟敷の人々」とは芝居小屋の天井近くにある「桟敷」のことで、舞台から一番遠い格安の席です。映画でもたびたび登場しますが、野次をとばし騒ぎ立てます。座長のフュナンビュールは、「天井桟敷の人々」こそが本当の芝居好き、芝居の真の評価者だと言ってます。

 『犯罪大通り』の雑踏に次々と登場人物が現れ手際よく紹介されます。
 フュナンビュール座の役者となり後にバチストの恋敵となる役者のフレデリック、フレデリックが声を掛ける美貌の女性ガランス(アルレッティ)、表稼業は代書屋の犯罪者ラスネール。そして劇場の呼び込みの傍らに、案山子の様に「フュナンビュール座」の役者バチスト(ジャン=ルイ・バロー)が登場します。
 この呼び込みを見ている紳士のポケットからラスネールが金時計を掏摸取り、横にいたガランスに嫌疑がかかります。ガランスの疑いを晴らしたのが、一部終始を見ていたバチスト。バチストはパントマイムでガランスの無実を「証言」し、バチストとガランスの運命的な出会いが描かれます。鮮やかな幕開けです。

 続いてシーンは「フュナンビュール座」に移り、無言劇と天井桟敷から野次を飛ばす観客、楽屋裏の座員が描かれます。パリ下町の芝居小屋の雰囲気はかくの如しというシーンです。フレデリックはフュナンビュール座に就職が決まり、座長の娘ナタリーがバチストを愛していることが明かされ、登場人物が揃います。
vlcsnap-2014-02-01-19h06m01s130.png vlcsnap-2014-02-01-18h17m10s250.png
  無言劇                       天井桟敷 
 
 第一部では、美貌の女芸人ガランスを中心にバチスト、ルメートル、モントレー伯爵、ラスネール、ナタリーのそれぞれの成就しない恋が描かれます。バチストは「犯罪大通り」で初めて会ってガランスに一目惚れ、ガランスもバチストに好意を寄せますがルメートルと暮らし始めます。ルメートルはガランスを手に入れたものの、ガランスの心の奥にバチストへの愛を感じ取り、ナタリーはバチストが振り向いてくれない事を嘆きます。
 「恋なんて簡単よ」とささやく妖艶なガランスに、バチストも観客も翻弄されることとなります。ガランスをめぐるバチスト、ルメートル、ナタリーの関係が、無言劇として映画の中で劇中劇として演じられます。白衣装のピエロ(第二部の白い男、バチスト)が女神(ガランス)に恋をし、女神はギター弾きの男(ルメートル)の誘惑に乗せられて舞台を去ります。悲嘆にくれる白い男が、樹の枝にロープを架ける首を吊ろうとした時に洗濯女(ナタリー)が現れ、ロープに洗濯物を干し始めます...。四人の関係を寓話的に描いたこの無言劇は、ジャン=ルイ・バローの名演技もあって見応えがあります。
 ジャン=ルイ・バローは、身振り手振りで恋に身悶えするバチストを演じますが、セリフの無い「無言劇」はまるで舞踏のようです。
 
 「フュナンビュール座」に出演するガランスを見て、その美貌の虜になるモントレー伯爵が登場します。伯爵は花束をもってガランスの楽屋を訪れ、ガランスに愛を告白しますが、ガランスは伯爵を袖にします。伯爵は、その富と身分でガランスを口説きますが、誇り高いガランスは拒絶します。後に自ら語るように、孤児として育ち、洗濯女、モデル、役者と職業を転々として、バチストに密かに想いを寄せながらルメートルと同棲し、ラスネールの様な悪党とも付き合いのある奔放な女性。そんなガランスが、地位も富もあるモントレー伯爵を袖にします。女心はよく分からない、と云うのが第一幕『犯罪大通り』。
vlcsnap-2014-02-01-22h14m05s76.png vlcsnap-2014-02-01-22h06m45s21.png
ガランス                       バチスト
 
 3時間10分は長いですね。感想も、第二部へつづく。
 
監督:マルセル・カルネ
脚本:ジャック・プレヴェール
出演:アルレッティ ジャン=ルイ・バロー ピエール・ブラッスール マルセル・エラン ピエール・ルノワール

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0