So-net無料ブログ作成

駄目スマホ Arrows X F-10Dのまとめ [日記(2014)]

Screenshot_2014-11-29-22-42-39.jpg hikakuF-10D.jpg
 駄目スマホシリーズです(笑。
 今年の1月にF-10Dを貰って、あれこれやって来ました。これほど評判の悪いスマートフォンも珍しいです。価格.comの口コミには、このスマホに対する恨みつらみがズラリと挙がっています(読むだけで面白いです)。中には裁判まで起こして勝訴を勝ち取られた方までおられます。
 何でも入り、クワッドコア、RAM1G、LTEと、発売当時は最強のスマホだったようです。防水で指紋センサー、置くだけ充電、カメラは1.3M、カタログ上は言うことのない仕様ですが、最大の欠点はバッテリが保たないこと。これをプレゼントしてくれた方も、

1日に何度も充電するようなスマホはスマホではない!

とiPhoneに乗り換え(docomo→SB)、余ったから「あげる」、となったわけです。シングルコア、RAM512MのXperia arcを使っていたので、F-10Dはなかなか快適 →1週間使ってarcに戻りました。
 ゴミとまで呼ばれたF-10Dが普通のスマホとして何処まで使えるんでしょう。クワッドコア、ram1G、カメラ1.3MのF-10Dはスペックとしては最近話題の「格安スマホ」の上を行ってますから、このまま埋もれさすのは惜しいです。バッテリに1800円投資して遊んでみました。 

 【バッテリ交換】
 F-10D互換auのSW13F用バッテリ(FJI13UAA)に交換しました。若干薄いですが問題なく使えます。但し「置くだけ充電」は出来ません。コイルが入っていない分薄いのでしょう。F-10Dの純正品を買うと4000円ですが、auなら1800円(amazon)です。

DSC_0199.jpg DSC_0200.jpg

【ハードリセットの不具合】
 一から出直しということで、ハードリセットをかけてみました。戻るボタン+メニュー・ボタン+電源ボタンの同時長押しでLEDが3回程度点滅すればドロイド君が現れます。
  但し、ハードリセット(ファクトリーリセット)をかけたため、幾つか不具合が出ました(機種固有の事象かも知れません)。今のところ気付いたのは、ワンセグが使えなくなった(受信エラー)、電話(ダイアラー)と電話帳のアイコンが消えた、Atokも行方不明ですがまだ何かあるかも知れません。ハードリセットはできればやらないほうがいいでしょうね。
 ハードリセット後の作業ですが、日本語変換が消えているので、playストアからgoogle日本語変換を持ってくる必要があります。英語キーボードでもgoogleと打てば出てきますからこれを入れます。後、電話と住所録も消えていますから、playストアから電話帳+ダイアラーのアプリを落としてくるのがいいでしょう。アイコンは消えていますが、電話の送受は普通にできます。

【不要アプリの削除】
 このスマホがゴミと呼ばれる最大の原因は、バッテリの消耗が激しいことと、それに伴う(と思われる)再起動です。バッテリ問題の多くは、裏で動いているアプリが原因ではなかろうか、不要アプリを消せば、F-10Dはよみがえるのではないか?と甘い期待で、docomoとfujitsuを片っ端から削除しました(笑。
 JB(4.2.2)だとrootを取らなくてもかなりのアプリが無効化できます。さらに「無効化マネージャー」を使うと、docomoを殆ど殺せますから、Titanium Backupも不要です。
 「無効化マネージャー」は所謂「野良アプリ」ですから、GooglePlayにはありません。作者のサイトからファイル落として、メール添付で自分宛てに送り、apkをタップすればインストールできます。

1.jpg 2.jpg
3.jpg 4.jpg

【MVNO】
 iijのミニマススタートプラン(SMS、音声付き)を使います。クーポンは月2Gですから、wifiと使い分ければ一ヶ月はいけます。クーポンを使いきっても、低速の200kbpsはそれほどストレスは感じません。

【root化】
 もう少しアプリを消し、テザリングをしたかったので,mireiyu17さんのサイトを参考にroot化しました。ここここを見てもらえばだいたい察しがつくと思います。テザリングには、PCにandroidSDK、javaを入れる必要があります。
 ひとつ落とし穴がありました。再起動すると、
systemへの書き込みが出来なくなります。一度取ったrootとインストールしたrootアプリは生きていますが、それ以降のrootアプリのインストールができなくなります。つまり一時的なroot取得だと思われます。但し、Titanium Backupもテザリングも当たり前に使えます。

12 - 1 (1).jpg Screenshot_2014-11-09-11-52-44.jpg 12 - 1.jpg
 rootcheker       Titanium Backup      テザリング

 【使い勝手】
メモリ
 →タスクキラーでメモリーを開放すると、500Mちょっと空きます。通常でも300~400Mで推移しているので、実用上問題無いと思います。ram1Gですから、タスクマネージャーは要らないと思います。
《バッテリ》
 →新品に交換したのですが、この状態です。バッテリmixの比重が高いのは、時々監視していたからですが、バックで動くアプリですから外した方がいいでしょうね。
Screenshot_2014-11-16-14-30-27.jpg Screenshot_2014-11-16-14-30-41.jpg
 使わなければ2~3日は十分保ちます、としか言いようがありません(笑。インターネットを使うだけで、みるみるバッテリを消耗します。日曜朝8時にフル充電して、少し使っただけで15時には残量38%。グラフで落ち込んでいるところが使用時間帯です。使わなければ、バッテリは消耗しません(以前は消耗しました)、アプリ削除の唯一の効果です。念のためにモバイルバッテリを持つか、大容量バッテリにしましょう(笑。
 クワッドコア、LTEでインターネットの表示は高速ですが、バッテリの消費も速いです。3Gで使うといいのですが、F-10Dは3Gの固定が出来ないようです。後はCPUのクロックダウン・アプリを使うしかありません。

【感想】
 いろいろ手を加えましたが、駄目スマホはやはり駄目という結論です。F-10Dは、simを抜いて深夜便ラジオ、音楽プレーヤー、テザリング端末という余生を送ってもらうしかないようです。それも、USBコードで電源を供給する「ヒモ付き」としてです。
 これでもう、「駄目スマホ・シリーズ」はお終いにします。

nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 1

MEDIAS端末

?????????
by MEDIAS端末 (2019-06-25 07:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0